Tomoe先生

ものづくりをするようになったきっかけは?

母の影響が大きいかもしれません

小さい頃から物作りが好きでした。今考えると母の存在が大きかったのだと思います。母は季節の行事を大切にする人なので、私が子供の頃はひな祭りにはお雛様を飾って、七夕には笹を飾って短冊を作るという事を当たり前にやっていました。イベントに合わせて夏には浴衣を作ってくれたりと、物作りが小さい頃から生活の一部だったように思います。

 

物作りの中でも特に好きだったのが絵を描く事でした。親の方針で小さい頃から習い事をたくさんやっていたのですが、唯一自分でやりたいと言って始めたのが絵画教室でした。小学校5~6年生の時から高校入学くらいまで欠かさず週1回通っていました。今考えると、先生が自由に絵を描かせてくれたのが楽しく通えた一番の理由かもしれません。小学生から大学生までの生徒達が一緒に地べたに座って、キャンパスを壁に立てかけて描くスタイルでした。子供みたいに勝手で自由な先生でしたが、顔の利く人だったみたいで、毎年上野の東京都美術館で作品を飾らせてもらっていました。結局最後は先生と喧嘩してやめてしまいましたが(笑)

どんな人にパステルシャインアートを知って欲しいですか?

絵が苦手だと思っている人や、絵に興味がない人にも来て欲しい

絵画教室に行かなくなってからはずっと絵を描くことから離れていました。

 

ある時、仕事に追われて疲れてしまった事をきっかけに、早く元気になりたくて、「元気になる!」と言われることを色々やってみたんです。マッサージとかカウンセリングとか本当にたくさん試してみました。その中でアートセラピー(※)と言うものに出会いました。驚くことにスッキリと心が整理できて、素直にすごいと思いました。それでまた絵を描き始めました。

 

そんな経験があったので、絵が苦手だと思っている人にも、もともと絵に興味がない人でも、「絵を描く」という行為を忘れている社会人に、様々なストレスを抱えている現代人に「絵を描くっていうのもあるよ」と伝えたいと思っています。

 

 

アートセラピー(Art therapy)(絵画療法 ; 芸術療法)は、治療者が作品を通してクライアントの象徴的な自己表現を読み取り、クライアントから解釈を引き出す心理療法の一種である

ワークショップを通して伝えたいことは?

今日この時間が楽しかったなと思ってもらいたい

今って、リフレッシュするためにジムとかヨガに通う人がすごく多いですよね。それはきっと体のためとか、リラックスするためとか、ストレス発散のために通っている人がほとんどだと思うんです。だからジムとかヨガ以外にも「絵を描くってのいうのもあるよ!」と私が伝えたいなって思っています。

 

私自身アートセラピーに出会って、心を整理することが出来たので、絵を描いてゆったりした時間を過ごして、心も頭もスッキリさせて欲しいなと思ってレッスンをしています。

 

あと、私も習い事が好きで色々な所に教わりに行ったりするのですが、地域のカルチャーセンターとかに行くと同世代の人がいないことが多くて結局リラックスできなかったりするので、もっと若い人が集まるような場所を作っていきたいなと思っています。気分転換して、本来の自分に戻れる場所があるっていうのはすごく大事なことですから。

教えるようになって気がついたことは?

あ、意味なんてなくても良いんだって

アートセラピーの力に助けられたので、初めは心理カウンセラーのように悩みを解決してあげたいと考えていて、その第一歩としてまずは単純に絵を教えることを始めたんです。

 

でも実際にレッスンをしてみると、参加者の方は絵を描いて表現して、リラックスした時間を過ごして、楽しかったなって帰って行く。カウンセリングのように悩みを聞いて助言している訳じゃないのに、絵を描くってそれだけで意味のあることだったんだなって気がつきました。

 

例えば料理教室に行ったら料理が上手くなりますよとか、カウンセリングを受けたら悩みが解決しますよとか、来てくれる人にとって意味のあることをしてあげないといけないんじゃないかと思っていたのですが、そうではなくて「意味なんてなくてもいいんだ、絵を描くだけでよかったんだ」とやっていて思ったんです。意味は参加する人ひとりひとりが決めることなのかなと思います。

働き方に変化はありましたか?

やりたいことが増えて忙しくなりました

今は月の半分を会社での会計のお仕事に、それ以外を個人の会計のお仕事とパステルにあてています。自分の好きな絵をもっとやりたいというのはもちろんありましたが、ゆっくりしたいという気持ちもあってフルタイムを辞めたら、やりたいことがたくさん出て来てしまって逆に忙しくなりました。

 

1ヶ月ごとにそれぞれのお仕事のスケジュールを決めていて、今はちょうどバランスが取れているかなと思っています。忙しくなりすぎてしまうと自分の手に収まらなくなってしまうので、頑張りすぎないように自分のペースでやっていきたいです。

 

私自身教わることが好きなので、週1で声楽に通ったり最近は水引を習いに行ったりと趣味の時間も大切にしています。

 

この1年は初心者の方を対象にしたレッスンが多かったので、今後は経験者の方向けに充実感のあるクラスを増やしていきたいなと思っています。あと個展をやって自分の作品だけでなく、生徒さんの作品も一緒に展示するのが今の夢です。

Tomoe先生

誰にでも簡単にきれいな絵が描ける「パステルシャインアート」の講座を行っています。パステルシャインアートは、パステルを粉状にして、脱脂綿に色をなじませて絵を描く画法です。パステルには、セラピー効果もあると言われています。

お客様に向けて:毎月テーマを変えて講座を開催しています。お子様から社会人の方、ご年配の方まで楽しんでいただける内容ですので、ご興味がある方はお気軽にお申込みください。アットホームな空間で、絵を描く体験をしてみませんか?